IS-LM分析をエクセルで体験してみよう!

マクロ経済学の基本と言えば、IS-LM分析です。ただ、教科書や問題集を読んだとしても、イメージがつかめないかもしれません。そこで、IS-LM分析が体験できるようにエクセルでちょっと作ってみました。

概要

 マクロ経済学の基本モデルであるIS-LM分析ですが、入門者・初級者にとっては、数式が出てきたり計算をしたりと、とっつきにくい部分があるかもしれません。

 そこで、

  「数値を動かして、IS曲線がどうなるか、LM曲線がどうなるかがグラフで分かったら、理解しやすいかも」
  「IS曲線・LM曲線について、もっと直観的に理解したいと思うかも」

 ということで、数値を入力するだけで、IS曲線・LM曲線がどうなるかを、Excelで作ってみました。

 ご自由にダウンロードして、体験してみてください。

使い方

 入力シートの黄色のセルに、適当に数字を入れれば、グラフが変化します。
 そして、入力した数値について、均衡国民所得と利子率が算出されるようになっています。

モデルについて

 簡単な閉鎖経済のIS-LMモデルとなっています。
 (税や輸出入などを入れたりもできますが、シンプルなものにしています。
  適宜、改変して、それらを入れていただいても構いません。改変も自由です)

 モデルとしては、次のようなものです。
 (曲線と言っていますが、線形のモデルにしてます)

 Y :国民所得、C :消費、I :投資、r :利子率、L :貨幣需要、M :マネーサプライ、P :物価
 a, c, f :係数、b,e :定数

(IS曲線)
 所得均衡式   : Y=C+I+G
 消費関数    : C=aY
 投資関数    : I=b-cr

(LM曲線)
 貨幣市場均衡式 : L=\dfrac{M}{P}
 貨幣需要関数  : L=Y+(e-fr)
 マネーサプライ : \dfrac{M}{P}

 なお、政府支出 G、マネーサプライ M/P は一定(定数)としています。

まとめ

 初級者向けであり、税や輸出入がないので、ちょっと物足りないかもしれません。
 (今後、税や輸出入を入れたりと、もう少し凝ったものを用意するかもしれませんが…)

 ただ、IS-LM分析について、それぞれの曲線がどのように動くのか、初級者にとっては直観的に理解でき、十分に体験できると思います。
 無料ですので、ご自由にダウンロードして、体験してみてください。

タイトルとURLをコピーしました