スポンサーリンク
投稿全般初級

経済学で使われるアルファベット・ギリシャ文字のまとめ

スポンサーリンク
経済学で用いられるアルファベット・ギリシャ文字について、明確なルールはありませんが、何となく、その意味は共通していることが多いです。一般的な経済学におけるアルファベット・ギリシャ文字の意味をまとめてみました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

 経済学では数式が出てきますが、たいへんなのが、その際に用いられるアルファベット・ギリシャ文字の意味です。
 とはいえ、経済学の本や論文を読むとき、いちいち

  「このAは何の意味だっけ?」

と調べなおしたりするのもたいへんです。
 ただ、明確なルールはなく、何となくですが、一般的な使い方があるので、それらをまとめてみました。

意味

アルファベット

 アルファベットの場合には、需要ならばdemandの頭文字「d」が使われるなど、英語の意味の頭文字をとったものが多いです。

 A : 技術力
 a, b : 任意の係数・定数
 C, c : 消費
 D, d : 需要
 E : 支出
 e : (計量経済学・統計学の場合)誤差項、(マクロ経済学の場合)努力度
 F, f, G, g : 関数
 G : 政府支出
 H : (最適化に使われている場合)ハミルトニアン、(マクロ経済学の場合)人的資本
 I : 投資
 i : 利子率、任意の値(i人などといった使い方)
 K : 資本
 L : (最適化に使われている場合)ラグランジュアン、(マクロ経済学の場合)労働力
 l : 余暇
 M, m :輸入
 N, n : 人口・労働力、任意の数(n人などといった使い方)
 P, p : (ゲーム理論の場合)確率、(マクロ経済学の場合)物価
 r : 利子率
 S, s : (マクロ経済学の場合)貯蓄、貯蓄率、(ミクロ経済学の場合)供給
 T, t : 時間、トレンド
 U, u : 効用
 X, x : 中間財、輸出
 Y, y : 所得、生産力

※一応、アルファベットの順に掲載しています。

ギリシャ文字

 ギリシャ文字の場合には、係数・定数に使われることが多いのですが、ζのようにあまり用いられないものがあったりもします。

 α, β, γ : 任意の係数
 δ : 減価償却
 ε : 誤差項、ノイズ
 θ : 任意の係数
 λ : ラグランジュアンなどのシャドープライス
 μ : 任意の係数
 π : 利益
 ρ : 割引率
 σ : 分散
 φ : 任意の係数
 Ω : 集合

※一応、ギリシャ文字の順に掲載しています。

その他

 添え字などでも、何となくの意味が決まっています。

 * : 均衡 (例)a^*
 ・ : 増分 (例)\dot{a}
 ^ : 推定値 (例)\hat{a}
 - : 定数 (例)\bar{a}

まとめ

 経済学の本・論文を読むと、何となくは覚えるものですが、慣れないうちはたいへんです。
 勿論、本・論文ごとに違う使い方をしているような場合があるので、注意は必要です。特に、経済学の中でも、違う分野を学ぶとき、違う「流儀」があることが多いです。

 ただ、ある程度、共通していることも多いので、覚えておいて損はないと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました