スポンサーリンク
投稿統計学初級

都道府県別の産業構造について、クラスター分析の例として分析

スポンサーリンク
クラスター分析の例として、都道府県別の産業構造に基づいて、各都道府県を分類してみました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

 クラスター分析とは、データに基づき、似たようなものを分類するという多変量解析の1つです。

 このクラスター分析の例として、都道府県に関して、分析してみました。

分析

データ

 データとしては、県民経済計算(2008SNA、平成23年基準計数)の経済活動別県内総生産(実質:連鎖方式)の平成30年度データを用いています。

 産業の区分としては、次のような区分で、それぞれで比率をとっています。

  ・農業
  ・林業
  ・水産業
  ・鉱業
  ・製造業
  ・電気業
  ・ガス・水道・廃棄物処理業
  ・建設業
  ・卸売業
  ・小売業
  ・運輸・郵便業
  ・宿泊・飲食サービス業
  ・通信・放送業
  ・情報サービス・映像音声文字情報制作業
  ・金融・保険業
  ・住宅賃貸業
  ・その他の不動産業
  ・専門・科学技術、業務支援サービス業
  ・公務
  ・教育
  ・保健衛生・社会事業
  ・その他のサービス

結果

 ユークリッド距離で、ウォード法にて、計算した結果(デンドログラム)は、次の通りです。

 細かな分析はしませんが、例えば、

  ・東京都・大阪府・福岡県は似ている

など、納得がいくものもあれば、

  ・北海道・高知県・沖縄県は似ている

というように、意外な感じもする場合もあったりもします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました