貨幣数量説について

貨幣の流通量というものを考えたとき、マクロ経済学において、貨幣数量説というものがあります。この貨幣数量説について説明します。

概要

 当たり前に使っている貨幣について、

 「どれだけの貨幣量が必要か」
 「多くあればいいのかもしれないが、その際に問題は生じないか」 など

といった疑問が生じます。MMT(現代貨幣理論)においては、新たな解釈を加えていますが、マクロ経済学において、教科書的なものとして、「貨幣数量説」というものがあります。

 この貨幣数量説について、解説します。

フィッシャーの交換方程式

 貨幣数量説の前に、その前提となるフィッシャーの交換方程式を説明します。

 アメリカの経済学者フィッシャーは、貨幣の流通量と財・サービスの取引の量は関連しているとして、次のような方程式(フィッシャーの交換方程式)を定義しました。

  MV = PT \qquad \cdots \qquad (1)

 なお、M は貨幣量、V は貨幣の取引流通速度、P は物価、T は一定期間の財・サービスの取引量を表します。

 左辺は、貨幣量と貨幣の取引流通速度の積であり、一定期間に取引に使われた貨幣の流通金額の総額を表しています。
 右辺は、物価と一定期間の財・サービスの取引量の積であり、一定期間に取引された財・サービスの取引総額を表します。

 このように、このフィッシャーの交換方程式では、

  貨幣の流通総額 = 財・サービスの取引総額

ということを表しています。

貨幣数量説

 フィッシャーの交換方程式を考えれば、貨幣と取引の関係性が定義づけることができます。

 しかし、取引量 T を測定することは難しいことから、実用性に欠ける面があります。そこで、取引量が多いと、実質所得は多いという比例関係を考えて、取引量 T の代わりに実質所得 Y を用いることを考え、

  MV = PY \qquad \cdots \qquad (2)

という方程式が定義されます。

 なお、V は、フィッシャーの交換方程式とこの方程式では若干、呼び方・考えが異なります。フィッシャーの交換方程式では取引量に着目しているのに対して、この方程式では所得に着目しています。

 このことから、V

  (1) 式 ⇒ 貨幣の取引流通速度
  (2) 式 ⇒ 貨幣の所得流通速度

と呼ばれます。

 ここで、(2) 式について、長期的に完全雇用が成立すると、実質所得 Y と貨幣の所得流通速度 Vは均衡するため、一定のY^{\ast} \, , \, V^{\ast} を考えると、

  P = \dfrac{V^{\ast}}{Y^{\ast}} \, M

となります。

 すなわち、V^{\ast} \, / \, Y^{\ast} は一定なので、貨幣量 M の量に応じて、物価 P が決まるということになります。
 この「貨幣量が物価水準を決定する」という考えを、「貨幣数量説」 と言います。

マーシャルのK

 (2) 式を、次のように変形します。

  \dfrac{M}{P} = \dfrac{1}{V}\cdot Y

 このとき、k = 1 / V とすると、

  \dfrac{M}{P} = k Y

という式が得られます。このとき、この k「マーシャルのk」 と言います。

タイトルとURLをコピーしました