スポンサーリンク

使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 本サイトにおいて、投稿の仕方など、使い方を説明します。

スポンサーリンク

入力

HTMLタグ

 本サイトでは、一般的なHTMLタグを利用できます。

 (構文例)

 <b>太字</b>

 (表示例)
  太字

 ただ、「style=””」タグではないと、タグは反映されないことがあるので、ご注意ください。

見出しタグ

 <h2>~<h6>の見出しタグが使えます。それぞれのデザインは、次のようになっています。
 (なお、<h1>タグも利用できますが、各ページのタイトルに使用しているため、お避け下さい)

h2タグの場合

h3タグの場合

h4タグの場合

h5タグの場合
h6タグの場合

Latex

 経済学においては、数式を扱うことが多いため、本サイトではLatexを利用できるようにしています。
 「$latex $」と記述していただければ、Latexを使用できます。

 (構文例)

 $latex \displaystyle \int^{\infty}_0 \phi(x) $

 (表示例)

  \displaystyle \int^{\infty}_0 \phi(x)

アイコン

 本サイトでは、ショートコードで、次のようなアイコンが使えます。


book

web

clip

video

 ショートコード[icon]を利用し、「name=”名前”」の部分に英語単語を入れていただければ、アイコンが表示されます。
 また、「name=”数値”」の部分に数字を入れていただければ、アイコンの大きさが変わります。

(構文)

 [icon name="名前" size="数値" ]

(例1)
 構文

 [icon name="book" size="20%" ]

 表示
 

(例2)
 構文

 [icon name="clip" size="10px" ]

 表示
 

タイトルとURLをコピーしました