合成関数の微分におけるチェイン・ルール

経済学では微分をすることが多いのですが、この微分をするにあたり、合成関数の微分におけるチェイン・ルールという公式があります。まずは、このチェイン・ルールについて説明し、その次に計算例を示し、解説したいと思います。

チェイン・ルール

 合成関数を微分するにあたり、チェイン・ルールというものがあります。
 経済学において、微分を使うことが多いのですが、覚えておいたほうがよい公式の1つです。

 チェイン・ルールとは、次の2つの関数があるとします。

  y \, = \, f(x)

  z \, = \, g(y)

 このとき、合成関数 h(f(x)) について、次のような公式があります。

  \dfrac{d \, h(f(x))}{d \, x} \, = \, h'(f(x)) \, f'(x)

商の微分

 商 h(x) = f(x) / g(x) について、微分をするとき、このチェイン・ルールを使えば、次のような式を得ることができます。

  \dfrac{d \, h(x)}{d \, x} = \dfrac{d \, (f(x) \, g^{-1}(x))}{d \, x} = \dfrac{f'(x)}{g(x)} - \dfrac{f(x)    \, g'(x)}{(g(x))^2}

チェイン・ルールの例

 次のような2つの関数があるとします。

  y= x^2 \quad , \quad z=y^2

【代入した場合】
 この2つの関数について代入して、zについて微分すると、次のようになります。

  \dfrac{d \, z}{d \, x} = \dfrac{d \, x^4}{d \, x} = 4 x^3

【チェイン・ルールを用いた場合】
 この2つの関数について、チェイン・ルールを用いた場合には、

  \dfrac{d \, y}{d \, x} = 2 x \quad , \quad \dfrac{d \, z}{d \, y} = 2y

を求めて、チェイン・ルールを使うと、次のようになります。

  \dfrac{d \, z}{d \, x} = h'(f(x)) f'(x) = 2 x^2 \times 2x = 4 x^3

 このように、同じ結果が得られることが分かります。

商の微分の例

 次のような2つの関数があるとします。

  f(x) = 3x \quad , \quad g(x) = x^2

 このとき、次を微分することを考えてみましょう。

  h(x) = \dfrac{f(x)}{g(x)} = \dfrac{3x}{x^2}

【代入した場合】
 そのまま代入した場合には、

  h(x) = \dfrac{3}{x} = 3x^{-1}

を微分することになり、

  \dfrac{d h(x)}{dx} = -\dfrac{3}{x^2}

となります。

【商の微分の公式を使った場合】
 上記の商の微分の公式を使うと、

  \dfrac{d \, h(x)}{d \, x} = \dfrac{d \, (f(x) \, g^{-1}(x))}{d \, x} = \dfrac{f'(x)}{g(x)} - \dfrac{f(x)    \, g'(x)}{(g(x))^2} = \dfrac{3}{x^2} - \dfrac{3x \cdot 2x}{(x^2)^2} = -\dfrac{3}{x^2}

となります。

 これらのことから、同じ結果が得られることが分かります。

経済数学
0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5 (0 投票, 平均: 0.00 / 5)
この投稿を評価するには、ユーザー登録が必要です。
読み込み中...

コメント

Econome
タイトルとURLをコピーしました