公共選択論

公共選択論 公共選択論

公共選択論とは、政治学と経済学の隣接的な学問で、民主制や官僚制のもと、どのように政治家・官僚・国民が行動するかといった政治過程などを分析する経済学の一分野です。

公共選択論

議会の議席割り当て方式「ハミルトン方式」を解説します

0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5 (0 投票, 平均: 0.00 / 5)
この投稿を評価するには、ユーザー登録が必要です。
読み込み中...
タイトルとURLをコピーしました